男池~風穴(前半)
男池登山道入り口
写真は、男池登山口入り口。寒暖計の針は10度を示してました。

<本日のコース>
男池~かくし水~ソババッケ~風穴(復路はピストンで折り返し)

今回は、ピークを踏まず、原生林の中を紅葉トレッキングです。
ネットの情報では、(くじゅうの)紅葉は終盤とのことですが、たしかに黒岳の麓はすでに落葉してました。
しかし、所々に綺麗な発色のままの枝葉も残り、十分楽しむことができました。
なにより、まだ歩いたことのないソババッケ~風穴までの行程を確認できたのが一番の収穫です。

風穴から黒岩岳、天狗岩への登りは、犬には厳しそうなので次回は犬なしで挑戦しましょう。

写真が多いので、記事を折りたたんでます。
クリックで原生林の終盤の秋をどうぞ~~~
黄色に色づく木々の葉
男池の入り口は、まだ新緑のような緑の森でしたが、進むにつれ徐々に木々の葉も色づいてます。


登山道に横たわる巨木の下を潜り抜ける
巨木の多い男池の森ですが、登山道の途中には、こんな倒木も多々あります。
木の下をくぐって行くよ~


木の根が階段状になっている
木の根の階段



起立する木々の幹の間から見える紅葉
ちらほらと紅葉も残ってます


木漏れ日の原生林



紅葉



紅葉の向こう側に青空



枯れ葉の登山道を歩くティナ
今日も赤毛ちゃんは、ハイペース。元気すぎで後半バテないか心配です。


登山道につもったモミジの落葉



ゴロ岩の続く登山道
アップダウンのさほどないコースですが、風穴が近づくにつれ、ゴロ岩が多くなりちょっと歩きづらい。
雨の後は、滑りやすいかも。


ティナを抱いて風穴をのぞくロンP
風穴のある小さな窪地は、多くのハイカーで賑わってました。
写真は、風穴をのぞくロンP。


四角い風穴の入り口、ロープがたれている
穴の底からは、冷たい冷気が吹き上げてきます。ロープが垂れていて下まで降りることが可能なようですが、今回はやめておきました。痩せて腕力で自分の体重コントロールができるようになったら挑戦します(苦笑)


ふんばって登るのを拒否するティナ
風穴のある小さな窪地では、先行のハイカーたちで大賑わい。
お昼ご飯を食べるには、落ち着かない雰囲気だったので、お菓子とお茶で小休憩して高塚山へ取り付きましたが、ここでティナが大ブレーキ。
さっきまで、あんなにハイテンションだったのにナゼか急に四肢をふんばって登ろうとしません。

まぁ、最初から風穴までのトレッキングと思っていたので、無理をせず引き返しました。
山ご飯編と復路編は、後日に続きます。



[2009/10/31/Sat] | 山歩き | page top
| ホーム |