ジャガイモまんじゅう
かじりかけのジャガイモまんじゅう

食べかけでスミマセン。
以前、テレビ「秘密のケンミンSHOW」でやっていた福岡県八女市地方の『ジャガイモまんじゅう』を作ってみました。

仕上がりの画像がないですが、イメージ的にはクックパッドのこちらの画像を参照くだい。

レシピは、上記のクックパッドや、ネットで検索すれば出てきますが、自分なりに覚書。

【材料】
じゃがいも(メイクイーン):4個(内、1個は皮に使用)
小麦粉:適量
醤油:100cc(←九州のお醤油は甘いので)
砂糖:(ザラメがいいそうですが、黒糖があったので代用、普通に白砂糖でもOKでしょう)
水:醤油と合わせてジャガイモがひたひたになる程度
塩:ひとつまみ


【作り方】
①ジャガイモは皮をむく。

②皮用のジャガイモ1個は別鍋で茹でる。(←つぶすのでカットして茹でる)
鍋にジャガイモを入れ、調味料入れる。水を加え、芋がヒタヒタになる程度にする。竹串が通る程度に煮る。(煮崩れないように)
途中、味をみてお砂糖を加減してください。ちょっとお砂糖が足りないかな、、というくらいの甘しょっぱい程度が仕上がりの皮と合うと思います。

③ジャガイモを調味料で煮ている間に、皮作りです。
別鍋で茹でたジャガイモ1個をすり鉢でつぶし、マッシュポテト状態にする。小麦粉と塩を一つまみ加え、(水は加減してください)耳たぶ程度の固さに仕上げる。
大分県民は、「団子汁の生地程度」にするとよいでしょう。
 
④お醤油味で仕上がったジャガイモを③の生地で包み、沸騰したお湯でゆでる。
生地に包んだ芋が浮きあがってきたらOK。

分量が非常に大雑把ですが、甘しょっぱいジャガイモとシンプルなまんじゅう生地が素朴な味わいです。
メイクイーンは、小ぶりなサイズがよいでしょう。普通サイズだと生地で包んで仕上げると割とお腹にたまるサイズになります。


[2011/10/30/Sun] | 未分類 | page top
| ホーム |