志高湖
2017/05/28

昨日「鶴見岳」の続きです。
正確には、続きではなくて山に登る前に志高湖と神楽女湖に立ち寄りました。


2017_0502.jpg

チョウジソウ(丁字草)
この初夏らしい淡いブルーが好きなのです。

本当は、下山後に立ち寄る予定だったのですがロープウェイ駐車場に早くに到着しすぎて駐車場が開いてなかったという間の悪い時間を花散策と早朝湖畔でつなぐ。

私の勝手な記憶では、ロープウェイ駐車場はずっと開いたままだと思ってたんだけど(チェーン張っていて入られなかった)鶴見岳に登った時って早朝じゃなくてのんびりスタートだったんだな、、、
え~~っ、てコトは、ロープウェイPからは朝駆けできないってこと?夏に鶴見岳の朝駆けしてみたいのになぁ。
困ったなぁ。
あっ、ちなみに大晦日の夜中はロープウェイもご来光営業してるので特別に開いてます。



2017_0501.jpg



2017_0500.jpg



2017_0503.jpg



2017_0504.jpg



2017_0505.jpg

白鳥のヒナが生まれたことは、志高湖のブログをチェックしてたので知っていた。
(この時期は、かかさずチェック!)


2017_0511.jpg



2017_0506.jpg

ポヨポヨですね。もう、ずっと見ていても飽きません。



2017_0507.jpg

湖畔のアヒル



2017_0508.jpg

志高湖の白鳥は、遠慮なしにガンガン来ます。



2017_0509.jpg

でも、今日はアヒルさんが近くに寄っても逃げずにいてくれたので、、、、この子を。



2017_0510.jpg

なかなか、モデル慣れしてました。



2017_0512.jpg

アジサイは準備中。もうしばらくすると綺麗でしょうね。
[2017/05/29/Mon] | 未分類 | page top
鶴見岳
別府ロープウェイ高原駅P---(一気登山道)---鶴見岳---南平台---別府ロープウェイ高原駅P

鶴見岳はずっと、ロープウェイで登るインチキ登山を実践していたにもかかわらず、元旦ご来光登山以来、ちゃんとまじめに歩いて登ってます。
今年になってからすでに4回目と最近の私は鶴見率高し。

前回、鶴見嶽駐車場までの林道悪路に苦戦したのでもう行かない!(笑)
広くて、ラクラク駐車。安定のロープウェイ高原駅駐車場には、同じ目的であろうハイカーもチラホラと準備中。


2017_0470.jpg

フタリシズカ
朝のピンスポットをあびて、登山道脇に大きな葉を広げて咲いてました。



2017_0472.jpg

フタリじゃない方も・・・・



2017_0471.jpg

ログハウスの近くにあるモミジの大木。見事な枝葉で思わず見上げる。



2017_0473.jpg

高度を上げて、「城島後楽園ゆうえんち」が見下ろせるちょっとした展望台。
肉眼でも木製コースターのジュピターが見えたりして大分県民にはわくわくポイント。
かりんとうをかじって、小休憩。


2017_0474.jpg

この辺でこんなに咲いてるんだ~。山頂への期待が膨らむ。



2017_0476.jpg

山頂ロープウェイ駅前。咲いてます、咲いてます!
おっと、その前に水を結構飲んだので、すっかり減ってしまったプラティパスに自販機で買ったペットボトルの水を補給する。
鶴見岳は、山頂に自販機と清潔なトイレがあるのでありがたい(ロープウェイきっぷ売り場にあります)

2017_0475.jpg

そして、「し」の字のポイントを今日も探す。
ちょっと違う、、、、、



2017_0477.jpg

ロープウェイ山頂駅と高崎山遠景。
新緑の高崎山も狙ってたんだけどな、これからはミヤマキリシマ祭がはじまるので行けないな。
夏は暑いだろうしな~。でも、おサルさんには会いたいなぁ。



2017_0478.jpg



2017_0479.jpg



2017_0480.jpg



2017_0481.jpg

くじゅう方面も今日はまぁまぁ見えてる。



2017_0482.jpg

全体的には8部咲きでしょうか。蕾もまだまだありました。



2017_0483.jpg

山頂アンテナ群



2017_0484.jpg

鶴見岳山頂標識



2017_0485.jpg

由布岳とミヤマキリシマ



2017_0486.jpg



2017_0487.jpg

山頂付近のミヤマキリシマを楽しんだ後は、馬の背から南平台経由で下山。



2017_0488.jpg

馬の背から先、鞍ケ戸方面へは平成28年4月の地震で登山道が崩壊しているため封鎖規制されてます。


2017_0489.jpg

ミヤマキリシマもいいけど、今日も新緑がまぶしく本当に綺麗です。



2017_0490.jpg

たまりませんね!



2017_0491.jpg



2017_0492.jpg



2017_0493.jpg

南平台、久しぶりだったもんで登りがキツかった(いったん、下ってから登り返すもんで、、、、)
そして、さらに、ここでも「し」の字のポイント探し、、、、(笑)
あっ、「し」は志高湖の「し」です。


2017_0494.jpg

南平台からは、猪の瀬戸湿原が眼下に見渡せる。



2017_0495.jpg

さっきまでいた鶴見の山頂はあんな所。



2017_0496.jpg

山頂は、ミヤマキリシマ目当ての観光客やハイカーが大勢だったので、食事休憩はせずにここまで来た。
ここ南平台まで来る人は少なくて、のんびり静かな休憩タイム。
菓子パンを持ってきたけど、暑さで食欲がなくて食べられなかった。凍らせたパウチドリンクで冷したミニトマトが美味しい。
夏は、トマトがいいね。水分補給にもなるし。そろそろ冷たい麺類もいいな。



2017_0497.jpg

下山も新緑、グリーン・グリーン♪



2017_0498.jpg



2017_0499.jpg

エゴノキ



下山後の温泉は、別府市営温泉「亀陽泉」でサッパリしました。
温泉の沢山ある別府は海も山も近くていい町ですね。あぁ~別府に住みたい(笑)
[2017/05/28/Sun] | 山歩き | page top
ティナのこの頃
2017_0469.jpg

シーツやタオル類を綺麗に敷いていても、前足でガリガリやってご覧の通りです。
ロンは、(犬用)カバー類のシワがあるとイヤそうな顔をするキッチリ派だったんだけど、ティナは自分でガリガリ巣作り派です。
あっ、そうそう。
最近、菓子パンをまったく食べなくなったので、試しにトースターで焼いてみたらバクバク食べました。
どうやら、カリッとパリッとブームな模様。
ホント、面倒くさいオンナです(苦笑)

今日は、犬友さんが遊びに来てくれたので、嬉しかったね♪


2017_0467.jpg



2017_0466.jpg



2017_0465.jpg

いつも枯らして失敗ばかりするミニバラが今回は綺麗に咲いてます。
[2017/05/27/Sat] | 犬との日々 | page top
アサギマダラ
~アサギマダラに会う小さな船旅~

渡りをする蝶、アサギマダラの旅の休息地でもある姫島は、大分県の国東半島からわずか数キロ先に浮かぶ離島。
島へ渡ってからの移動手段は自転車と考えていたので、今回は手持ちの小さな自転車をフェリーへ持ち込みます。
(持ち込み料は、運賃とは別に片道\150)

2017_0437.jpg


姫島までのアクセス情報⇒姫島村営フェリー運航情報
フェリー時刻表、運賃、駐車場料金などわかります。


自転車での移動・レンタル⇒島内巡り(レンタサイクル)
レンタルショップや料金の情報など


姫島村役場発信⇒アサギマダラ飛来情報
直近のアサギマダラの飛来状況(頭数)などわかります。

Yahooブログ大分県姫島村アサギマダラ情報
(同上)

2017_0438.jpg


朝の第2便で出航。
きっぷ売り場の方に「(乗船する)車の後について行ってくださいね」と言われる。
どうやら自転車は、車と一緒のエリアらしい。乗用車やバイクが乗り込んだ後(ちなみに、車はバックでの乗船でした)自転車を押して鉄板の上をテクテク歩いて船底へ吸い込まれる。



2017_0440.jpg

係の人に自転車を渡したら、上の客室へ。
ちなみに、自転車はこんな感じ、、、わりとラフな感じでチョンとはじっこに置かれてるだけ。



2017_0439.jpg

船内
なんだか、すでに旅情気分。
わずか20分の船旅なので、甲板デッキで外の景色を楽しみました。



2017_0441.jpg

あっという間に姫島へ到着。
島に唯一あるという信号機の交差点を渡ったあとは、島を縦断する686号線をのんびり走ります。
飛来地ポイントが近づくとのぼり旗と大きな看板があるので、矢印に従って海の方向へ左折。

おぉ~~、乱舞中です!!!


2017_0442.jpg



2017_0443.jpg


すでに数人いるカメラマンの中に、いつもは山でお会いするsakuragiさんを発見。
お友達のsatoさんを紹介いただき、しばし撮影タイム。


2017_0444.jpg



2017_0445.jpg



2017_0446.jpg



2017_0447.jpg



2017_0448.jpg

スナビキソウに群がるアサギマダラ。
このスナビキソウも、島の方のお手入れで守られているとのこと。ありがたいですね。



2017_0449.jpg



2017_0450.jpg

当初は海岸のポイントを見たあとは、一等三角点のある矢筈岳 (やはずだけ)に登ろうかな~と考えていたのですが、地元の方に「灯台の場所にも飛来するよ」と聞いて、行き先変更。
sakuragiさん、satoさんと3人珍道中のハジマリです。

3人とも灯台までの距離も気にしてなく、なんとなくノリで出発したのはいいんだけど、島を縦断する真ん中ぐらいのトンネル手前からダラダラと登り坂。
もちろん立ちこぎも出来ずに、自転車押して我慢の歩きが続きますが、、、、なぜかトンネルにさしかかるとsakuragiさんが、自転車を頭上にかかげ「今、ここで俺を撮れ!」的な、、、(笑)
坂道でバテバテのsatoさんと私を笑わせて元気をつけてくれるのですが、見せてくれるポーズがどれもマッチョすぎますよ。

のんびり島時間が流れる村の風景は素朴で、道端に咲くアザミやミカンの花にも足が止まり、なかなか先へ進みません。
休耕田?にある手作りブランコに大人3人で乗ってみたり・・・・
堤防に並んだタマネギがやたらといい感じに見えたり(ただの普通のタマネギなんだけど)、わずかな船の移動が旅人気分にさせてくれます。



2017_0451.jpg



2017_0452.jpg



2017_0456.jpg

そんなこんなで、やっと灯台。



2017_0457.jpg

やたらと空が青いです。



2017_0453.jpg

小学生がアサギマダラのマーキングをしていたので、撮らせてもらいました。



2017_0454.jpg



2017_0455.jpg

カタカナの「ヒメ」は姫島のヒメですね。
元気で旅を続けてね♪



2017_0458.jpg

スナビキソウ

灯台の蝶ともお別れして、さてさて帰りましょう。帰路は、姫島ブルーラインと呼ばれる海沿いの道ですよ。
がっ。トラブル発生!

自転車の後輪がペシャンコです。
実は、灯台まで来る途中にも空気が抜けて、通りかかったペンションで空気入れを借りて「よっしゃ、なおった!」と思ってたんですが、どうやら虫ゴムがダメになってる模様。

まぁ、時間の余裕はあるので海を眺めながらボチボチ歩くことにして、sakuragiさんとsatoさんには先に行っていただきました。
グーグルマップで歩いてどのくらいかなぁ~とスマホを見ながら歩いていたら、先行したお二人が手を振って手招きしてます。

ん?

二人が道路沿いにあった商店の方に空気入れを借りてくれてました。
スミマセン。
ダメ元で空気を入れてみますが、やっぱり虫ゴムがぜんぜん効いてなくてダメ。虫ゴムの代用品として(釣りの)浮き止めのゴム管をいただくことができました。sakuragiさんが手早く修理してくれて今度は完璧です。
空気もしっかり入れて再出発!
商店のおじさま、sakuragiさんありがとう。satoさん、足止めさせて申し訳ありませんでしたm(_ _)m



2017_0459.jpg

エビフライ定食(これ食べた)
無事、港に到着。フェリーの便はまだ何本も余裕があるので、少し遅めのランチを食べてからの乗船にします。


2017_0460.jpg

えびタコ丼(こっちは、sakuragiさん、satoさん)

食事の間にも、sakuragiさんの熱い写真トークを聞く。
山で会う皆さんは、本当に写真に対して丁寧で努力を惜しまない。すごいなぁ。


2017_0461.jpg

帰りのフェリーが来た。



2017_0462.jpg

さらば、姫島。
次は登るぞ!矢筈岳。



2017_0463.jpg

フェリーより国東の山々。両子山は一番高いのでよくわかりますね。


以下、(来年のために)覚書。
フェリー運賃\1140(往復)
自転車持ち込み料\300(往復)
伊美港駐車料金\920(利用時間によって変動します)
[2017/05/20/Sat] | 未分類 | page top
ティナのこの頃
2017_0436.jpg


最近の(食)ブームは"あんこ"です。
あんパンとか、どら焼きとか、おはぎとか、、、、
[2017/05/19/Fri] | 犬との日々 | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>